こんな辺境地までようこそおいで下さいました。 ここは数ある『日常の日記』というジャンルの星屑の中にある一つの星です。 ここで会ったのもきっと何かの縁でしょう。 ぜひともゆるりと休憩して下さい。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

部分日食

2009-07-22 Wed 18:36
20090722184018
20090722184011
どうも~
睡眠時間三時間で日食⇒仕事コースなtaiyakiです。




と、いうことで。
見れましたよ日食。
最初の感想としては、皆既日食じゃなく、部分日食では感動を得られませんでした。
沖縄は結構欠けるので期待してたんですけどねぇ。


私は一人でワンセグ片手に情報をいれつつ鑑賞していましたが、みなさんはどうだったでしょうか?




【10:28】
■教科書に載ってるかのような綺麗な三日月になる。

ここらへんからいつもと違う。という現象を実感し始める。

■風が冷たくなってくる。

つい十数分前に携帯代を払いに外に出た際には暑くてしょうがなかったのに、それが嘘だったかのように風が冷たくなっていった。


【10:43】
■線がかなり細くなる。

ここまで細くなると、流石に凄いなぁと思うと同時に。
望遠鏡がないのが悔やまれる、目だけで見ると太陽は小さすぎます(´・ω・`)

■風がさらに冷たくなる。

それまでは、ただ単に涼しい風。という感じだったものが、かなり冷たい風になり。
夏の終わり、秋の始まりかのような風に変わりました。

【10:46】
■太陽光が少なくなる。

この時間からどんどんと周りが暗くまではいきませんが。
光が抑えられていくかのような感じになり、風が冷たいと感じるまでだったのが、空気そのものが冷えてるような気がしてきました。
【10:53】
■最大値
らしいのですが。
時間を忘れていましたし、ゆっくりと変化している中、気がつきませんでした(ノ∀`*)ペチッ

■太陽の周りに虹
これは日食に関係ないのですが、この日。
沖縄は若干の曇り空。
日食を鑑賞する分には全く支障がないのですが。

この日食の最中。
太陽の周りに綺麗な円で虹が架かっていました。

このタイミングでこんな乙な演出をしてくれる自然って素晴らしいですよね。




とまぁこんな感じでしょうか。
自分が思ってた以上に感動を得られなかったのでこんなもんですw
携帯からうpできるかわからないのですが。
出来たと過程して説明。

携帯で撮った二枚の写真。
一枚はそのまま太陽を直接撮った画像。
もう一枚は日食グラスを通して撮った画像です。

見にくいけど、デジカメなんてもの持ってませんから(ノ∀`*)ペチッ
スポンサーサイト
別窓 | ニュース・シリアス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<知らないことがいっぱい | ―STAR DUST― | さぁどうなる>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ―STAR DUST― |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。