こんな辺境地までようこそおいで下さいました。 ここは数ある『日常の日記』というジャンルの星屑の中にある一つの星です。 ここで会ったのもきっと何かの縁でしょう。 ぜひともゆるりと休憩して下さい。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

事務所からこんにちは

2011-07-01 Fri 15:12
どうも~
そろそろ大人にならないとなぁと考えると気分が落ち込んでいくtaiyakiです。
最近若いっていいねぇ。という言葉の意味がわかってきたような気がする。
葛藤と挫折、妥協。この階段は登るのは容易いが、登ってしまうと降りられない。
登りたくねぇよぉ~




さてさて。
話は冒頭からガラっと変わりまして。
久々にヤモちゃん観察していたのですが、新たにわかったことが!
ヤモリってあれだね。糞する時犬のマーキングみたく足あげるんだね!
普段の住処であろう冷蔵庫の裏からヒョコヒョコっと現れたと思ったら急に動きが止まり。
後ろ左足を上げていた「これは……もしかして……!」
はい、予想通りのことをしでかしました。
何気にこのシーンは初めて見たのでちょっと嬉しかったり。
一緒に生活してるあれだね。生態もわかってくる不思議!
というかあれだよ、子ヤモリ食うのはまぁいいとしてもだ。
生活圏が私の部屋内で子やもりこさえるってどうよ?
あ、それで思った。生態がわかってくるね! とか豪語した割りには性別の判断つきません(テヘ
まぁ網戸がない私の部屋にとって虫を食ってくれるヤモリとか蜘蛛とか蟻は嬉しいのですが。
その代償の糞害。これをうまいことすることはできんもんかねぇ……
あとは……やつらでも食えないであろうバッタ。
今日仕事中に読む小説あるかなぁーと探していて、普段あけない机の引き出しを開けた瞬間に7センチくらいのバッタが飛び出してきて超びびった。
元気に生きていたから丁度見えない所に隠れてたんだろうなぁという予想を脳内に浮かべつつも次の瞬間に思ったこと。
「またかよ!」
つい数日前にもそのくらいのサイズのバッタが私の部屋に進入してきました。
窓開けてるといっても5~8センチくらいしか開けていないというのに……
前回のバッタは進入してきた瞬間を目撃していたのですが、今回のヤツは進入してくる瞬間を見ていません。
いつ入ってきたんだ、こいつ……

そういばこの時間にブログを更新してはいるのですが ※15時
事務所のPCはまだ治ってません。
時間つぶしの小説も全部読み終わってしまったので(基本的にむかーしに一度読んだ本
キーボードを外付けにしていて、暇つぶしに掃除していたのですが。
まぁ今日は持ってくるか。ということで部屋からPCを持ってあがってきた次第であります。
私のPCはノートですが、ノートと思えないくらい色々なものをくっつけてるので動かすのが億劫なんですよね。

USBのタコ足配線に
アイポン充電器
キーボード
外付け
オーディオインターフェース
スピーカー
ゲームパッド
フラッシュメモリ

こうやって文字にして打つと物凄く多いなw
一応インターフェースにスピーカーやらヘッドフォンやらマイクやらも刺さってはいます。
それらが一体となってる姿しか普段見ていないわけですが、こうやって外付けさえも置いてPCとキーボードだけ持ってくると。
こんなに持ち運びに不便を感じないような代物だったっけか?
と首をかしげる気持ちになるのを察してやってください。
ということで、事務所にマイPCを持ってきたということで更新出来ているわけですね。
まぁ外付けを置いてきたということで。
あるとないとでは、出来ることが9割がた出来なくなるのでブログ更新でもしあとはまったりネット徘徊かなー
電話が鳴った瞬間が僕のお仕事の時間デス
サボってるわけジャナイヨ?
スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑

<<更新する予定はなかったのに | ―STAR DUST― | 自分のことは自分が一番わからん>>
この記事のコメント
Re: タイトルなし
記事に書くのもどうかなと思ったので、敢えてコメントで。
わかぁー
スカイプのコンタクト追加を飛ばしつつメッセも入れたが反応がないってことは私間違えてたのかぬ?
2011-07-01 Fri 15:14 | URL | taiyaki #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ―STAR DUST― |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。